業務効率化について

Excel(エクセル)とAccsess(アクセス)の説明

ここで、Excel(エクセル)とAccsess(アクセス)の説明させて頂きます。 Excel(エクセル)とは、皆さん慣れているように、表組みにしたデータを基に計算を行う「表計算ソフト」です。 いろいろな資料を集計したり作成できます。 集計用紙のようなマス目で構成された画面にデータや計算式を入力することで、集計表などを簡単にデータを変更すると、その内容に従い自動的に計算結果が更新されるので、計算し直す必要はありません。 このほかExcelにはグラフ作成、図表作成、データ分析などの機能も用意されており、さまざまな場面で役に立ちます。 しかし、何でも出来るのですが、あまりにも機能が多い為使いこなすのが難しいのが現状です。

Accsess(アクセス)の活用法

Accsess(アクセス)とは、とてもすごいソフトです。

とてもすごいソフトです。

  • データを作成して格納する「テーブル」から・・・。
  • 抽出、加工する「クエリ」
  • 画面を作成する「フォーム」
  • いろいろな帳票を作成できる「レポート」
  • さらにプログラムを作成できる「マクロ」や「VBA(ビジュアルベーシックフォーアプリケーション」などがアクセスの中にあります。

データベースソフトの中で、一番多くの機能を持っています。

しかし、何でも出来るのですが、あまりにも機能が多い為使いこなすのが難しいのが現状です。

Excel(エクセル)・Accsess(アクセス)を使用した業務効率化について

そこで、Excel(エクセル)VBA・Accsess(アクセス)VBAにて、以下のことが出来るようになります。

いろいろな切り口から、やりたい事が実行できる優れものです。

  • フォーマットの統一。
  • 手作業・関数をVBA(マクロ)というプログラムにて、ボタン一つで、思い通りの操作をしてくれる。
  • 簡素化した事により、本来のやるべき仕事に専念できる。
  • 費用対効果としても安価で作成できる。& 少しスキルを身につける事により、社内内製化が図れる
  • まずは、”困った“ ”全然仕事がはかどらない” ”集計の関数の嵐で、ファイルが重たくて壊れそう”などなど、多々、いろいろな局面に立たされている場合があります。

実際にどうやって、業務依頼するの??は以下の通りです。

Webミーティング・データのやり取りで、受注し開発着手します。

  • どのような、ゴールを目指しているか??
  • 何を簡素化し、業務効率化を図るか??
  • Excel(エクセル)・Accsess(アクセス)で管理できるレベルのものか??

また、こんな使い方もあります。

  • システム開発前に、VBAで作成し、スムーズにデータが流れるか見て、システム開発着手する!なんて事も出来ます。

これでOKと思い、システム開発はせず、そのまま使い続ける!と言う、安上りな方法もあります。

ご要望に合わせたカスタマイズを実施し、満足度に近い形で作成させていただきます。

現在、システム導入したものの、そのデータを活かしきれていない場合は、是非とも「95ショップ」までご相談下さい。