ExcelVBA マクロの設定 Office2007,2010,2013,2016

業務改善・業務効率化には一度Excel(エクセル)VBAにて、Testで開発し、本サーバーでの稼働をする手法があります。
それなりにコストがかかるとお思いですが、手軽に直せ、本システムに載せる前ですから、なくなっても良いと言うメリットもあります。
逆にコストパフォーマンス。
また、仕様が明確になるまで、担当者ともつめられるので、Excel(エクセル)しか使えない方には分かりやすいシステムです。
ただ、動かすには環境設定が必要になります。
初期設定では「マクロ無効」となって斧ますのでご注意を!!!

Excel(エクセル)ブックのクロを常に有効にする方法

マクロは、ブック内の繰り返しの作業を自動化するために使用します。
マクロを含んだブックを開くと、黄色のメッセージ バーに盾アイコンと [コンテンツの有効化] ボタンが表示されます。 マクロが、信頼できる人が作成したものだとわかっている場合、[コンテンツの有効化] をクリックします。
次回そのファイルを開くときは、メッセージ バーは表示されず、マクロは有効になっています

Excel(エクセル)ブックを開くときにはいつでもマクロの実行を許可する

Excel の設定を、どのブックを開いてもすべてのマクロの実行を許可するように変更することができます。
ただし、これにより、コンピューターはコンピューターやネットワークに損害を与える可能性があるウイルスやプログラムに対して脆弱になります。
このような設定変更を行うことによって、作成元が信頼できるかどうか最初に確認されることなく、あらゆるマクロが実行されます。
以上のリスクを受け入れることができる場合、次の手順を実行してください。
1.[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
2.[セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。
3.[セキュリティ センター] で、[マクロの設定] をクリックし、次に [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] をクリックします。

マクロの設定